美白美肌治療薬

美白美肌治療薬

美白美肌治療薬の価格表

種類
価格
トレチノインジェル
0.1% 1個
1,000円
アルブチン麹菌クリーム
20g 1個
1,500円
ハイドロキノンクリーム
4% 1個
1,000円
トラネキサム酸(トランサミン)
250mg 100錠
5,000円
ヒトプラセンタジェル
20g 1個
1,000円
ヒルドイドクリーム
0.3% 1個
1,000円
ヒルドイドソフト軟膏
0.3% 25g 1本
1,500円
シナール
50錠
2,000円

※上記金額には消費税がかかります。
※場合により、診察料がかかることがございます。


オンライン処方はこちら

トレチノイン:トレチノインジェル0.1%は、女性の悩みである皮膚のシミ、しわ、そばかす、ニキビなどの症状を改善する美白ジェルです。
日本ではまだ認可されていませんが、海外では一般的に使用されている美白ジェルで、多くの方に愛用されています。
トレチノイン酸はビタミンA誘導体で、お肌の新陳代謝を促進し、シミを薄くさせる作用があります。
肝斑、色素沈着に有効で美肌美白作用が強いです。

ハイドロキノン:ハイドロキノンはシミに効果的な美白剤です。
メラニン色素を合成する酵素の働きを弱め、さらにメラニン色素を作る細胞を少なくする作用があります。
シミを薄くし、さらに予防する透明美肌作用あります。

アルブチン:アルブチンは、メラニンを抑え、肌の黒ずみなどを防ぎます。
アルブチンはハイドロキノンを改良したものです。
お肌が敏感な方、加齢による肌トラブルでお悩みの方、他の治療薬を併用して透明美肌成分の効果を上げたい方にお薦めです。
お肌への刺激が大変少ないのでより安心してお使いいただける透明美肌成分です。

麹菌:麹菌は、肌を黒くするメラニンを減少させます。
この作用により、シミなどの発生を抑えます。
お肌へ潤いを与え、激が少ないのでお肌が敏感な方、加齢による肌トラブルでお悩みの方にも安心してお使いいただける透明美肌成分です。

プラセンタ:プラセンタは、肌のキズやシミを修復し、ハダにハリと潤いを与えます。
小ジワに対する効き目もあり、大人気のオススメ美肌美白成分です。

ヒルドイド:ヒルドイドはヘパリン類似物質製剤とも呼ばれる薬で、医療機関で処方される代表的な保湿剤です。
顔のお肌の保湿に特に効果があります。
ヒルドイドは血液をサラサラにするヘパリンに類似している物質が含まれており、水分を吸湿し、お肌に潤いを与え、保湿の効果が持続します。

シナール:シナールの主成分はビタミンCなどのビタミン類です。
ビタミンCには体の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
シミ、そばかすなどの色素沈着の改善効果があります。
長期間飲み続けることで、シミやくすみを抑え、美肌、美白効果とニキビなどの肌荒れの予防になります。

※上記金額には消費税がかかります。
※場合により、診察料がかかります。

シミ

女性の永遠の悩みであるシミは、メラニン色素が皮膚に蓄積され、色素沈着を起こすことによって生じます。
主に紫外線が原因です。
シミはメラニン細胞の増加、メラニン顆粒の増加でおこります。
シミの原因であるメラニン色素は、通常お肌の新陳代謝ではがれ落ちますが、加齢と共に新陳代謝が正常に行なわれず、お肌にシミとなってどんどん蓄積されてしまいます。
一度できてしまったシミは、化粧品、医薬部外品などの効き目は限定的でケアしても回復せずに残ってしまいます。
今後シミとして表面化するかもしれない隠れシミが出来ている場合があります。
この隠れシミは今後少しずつ大きく濃くなってくる可能性もあります。
素肌がくすんできたなと感じ始めたら要注意です。
将来的にシミが表面化する前に対策する必要があります。
化粧品、化粧水、乳液では良くなりません。
美白美肌治療を取り入れて、一点も曇りのない美白透明美肌を作りましょう。
シミがなくなるだけで肌はもっと明るく美しいものになります。

そばかす

そばかすは多くが遺伝性です。
小さい小さなシミが、鼻の周りを中心に現れます。
年齢とともに薄くはなります。
ただし、強い紫外線を浴びると濃くなる場合があります。
洗顔、クレンジングだけでは何も改善しません。
化粧品、化粧水、乳液だけではダメです。
そばかすの原因は遺伝なので、完全に防ぐことは難しいのですが、濃くしない方法はあります。
アルブチン、トレチノイン、麹菌が効きます。

肝斑

肝斑もシミの一種です。
30歳以降から、顔に両ほほの部分に淡いくすみ(しみ)ができることがよくあります。
それが肝斑です。
肝斑は左右対称的なのが特徴です。
洗顔、クレンジング、化粧品、化粧水、乳液では効き目はありません。
この肝斑にトラネキサム酸(トランサミン)が効きます。お肌のメラニン増加を抑え、シミ薄くします。

トレチノイン

トレチノインは、お肌のシミ、しわ、そばかす、ニキビなどの症状を改善します。
日本ではまだ認可されていませんが、海外では一般的に使用されている美白成分で、多くの方に使われています。
トレチノインは、お肌のターンオーバーを早め、新しい白く綺麗な皮膚を手に入れることができます。
また、トレチノインには皮膚のシミや黒ずみの原因となるメラニンを排出する効果もあります。アルブチンなど他の薬との併用も効き目ありです。

アルブチン

アルブチンは植物などにも含まれている成分で、メラニンを抑え、肌の黒ずみなどを防ぐ成分です。
アルブチンはハイドロキノンを改良したものです。
ハイドロキノンは透明美肌効果が高く、美容皮膚クリニックなどでも使われる美白成分ですが、このハイドロキノンとブドウ糖を結合したのがアルブチンです。
アルブチンの透明美肌作用は、シミやくすみのもとになるメラニンが活性化することを抑えます。
ハイドロキノンでは肌に刺激を感じる人もいますが、アルブチンは肌への刺激も少なく潤いをあたるので、より安心して使用できます。

麹菌

20年以上前から麹菌は厚生労働省により美白成分として認可されています。
麹菌は、チロシナーゼの働きを抑えて、肌を黒くするメラニンを減少させます。
この作用により、シミなどの発生を抑えます。
そのため、コウジ酸は、肝斑や日焼けといったシミに効き目は絶大です。
コウジ菌クリームを使うと、シミが薄く、目立たなくして、加齢によるくすみを改善して、透明感出す働きもあります。
お肌へ潤いを与え、激が少ないのでお肌が敏感な方、加齢による肌トラブルでお悩みの方にも安心してお使いいただける透明美肌成分です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、メラニン合成酵素を阻害し、シミやそばかすの元となるメラニン色素を抑制します。
今あるシミ、色素沈着、そばかすに対しても非常に効き目がありますが、シワなどのケアやニキビ跡、クレーターの改善にも使用されています。
お肌は年齢と共に新陳代謝が低下し、皮膚の若返りにも時間がかかってしまいます。
シミ、色素沈着、そばかすは、一度できてしまうと消すのはなかなか難しいですが、ハイドロキノンはビタミンCの100倍以上の美白効果を持つため、お歯に塗ることで頑固なシミ、色素沈着、そばかすを徐々に薄くしていきます。
ハイドロキノンは、使用方法や濃度を間違えなければ安全性は高いです。
ただし、お肌に使っているうちに違和感、ヒリヒリなどを感じた場合には直ちに使用を中止するなどの処置をとったほうが無難です。

トラネキサム酸(トランサミン)

トラネキサム酸は、シミや黒ずみの原因となるメラニンの産生を抑え、美白、美肌とする働きがあります。
古くから使用されていて歴史が古く、安全性も確立されているので副作用を起こしにくいというのも利点です。
肝斑にも効果があります。
お肌のメラニン増加を抑え、シミ薄くし、肝斑を改善します。

トラネキサム酸(トランサミン)の内服方法
1日に6カプセル。
3回(合計1500mg)内服してください。
食事とは関係なく内服して大丈夫です。

プラセンタ

プラセンタとは哺乳類の胎盤を元にして作られている成分です。
このプラセンタが美白に絶大な効き目をもたらすとして注目が集まっています。
プラセンタは人の胎盤から作られます。
胎盤は多くの栄養を含んでおり、健康面と美容面で良い作用が確認されています。
基礎代謝の向上、疲労回復、肝臓機能への効果があります。
プラセンタは病院では医薬品として扱われることも多いですが、美容面での働きもあります。
シミの改善や予防、そして美白です。
プラセンタは様々な種類の栄養素が含まれているため、多方面で効果があります。
プラセンタは、新陳代謝を活発にします。
それにより、肌のターンオーバーを促進されます。
そのため古い細胞が剥がれ落ちていき、綺麗な肌に生まれ変わります。
また、プラセンタにはコラーゲンやアミノ酸含まれています。
コラーゲンは、肌の保湿力を高め、アミノ酸により肌にハリとツヤをもたらされます。

ヒルドイド

ヒルドイドはヘパリン類似物質製剤とも呼ばれる薬で、医療機関で処方される代表的な保湿剤です。
顔のお肌の保湿に特に効果があります。
水分を吸湿し、お肌に潤いを与え、保湿の効果が持続します。
ヒルドイドは1日の使用回数に制限はありませんが、1日2度ほどの使用の方が効果的です。
お肌全てがカバーされるように、十分量を塗布してください。

シナール

シナール:シナールの主成分はビタミンCなどのビタミン類で、体の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
シミ、そばかすなどの色素沈着の改善効果があります。
長期間飲み続けることで、シミやくすみを抑え、美肌、美白効果とニキビなどの肌荒れの予防になります。
シナールは厚生労働省に認可された医薬品で、価格も安い値段なので、安心して使用できます。
1錠にアスコルビン酸200mg、パントテン酸カルシウム3mgが配合されています。

シナールの内服方法
1日に6錠。
1回2錠3回内服してください。
食事とは関係なく内服して大丈夫です。

トランサミンと併用すると、さらに効果が期待できます。

医薬品、医薬部外品、化粧品、薬用化粧品の違い

一般的なスキンケア用品は「薬事法」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

「医薬品」とは、治療を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。医薬部外品、化粧品と違って、十分に美白、ホワイトニング、保湿作用のある有効成分が十分に含まれています。

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した有効成分が、ある程度配合されています。
治療というよりは、衛生を目的に作られた商品です。
ある程度の有効成分は含まれているので、効能をある程度パッケージに書くことができます。

「化粧品」とは、医薬部外品よりさらに効果が少なく、有効成分は十分に含まれていない商品です。
あくまで肌を美化する、魅力を増す、健やかに保つなどを目的に作られているので、医薬部外品に認められている効能を記載できない商品です。
そのため、化粧品、化粧水、美容液、乳液には美白、美肌、ホワイトニング、保湿などの効き目はありません。 

「薬用化粧品」は「医薬部外品」のひとつです。
有効成分が、ある程度で配合されていますが、あくまで「防止」を目的としたもので、「医薬品」のように治療が目的ではありません。
そのため、薬用化粧品、化粧水、美容液、乳液には美白、美肌、ホワイトニング、保湿などの効き目は限定的です。

オンライン処方

美白美肌治療薬が日本全国のご自宅に届きます!

スマホやPCがあれば、待ち時間も交通費もゼロでプライバシーを保ったまま、美白美肌保湿治療薬が札幌からご自宅に即日郵送、発送されます。
医師の適切なアドバイスのもと、美白美肌保湿治療薬をオンラインで即日郵送してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました